“イベントいっぱい”の3日間 第4回小樽さくら祭り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市内の桜が葉桜へと移り変わったが、「第4回小樽さくら祭り」が、5月16日(金)・17日(土)・18日(日)の3日間、市内中心商店街で開かれる。今年は、「もっきり酒大会」や「カラオケ大会」、恒例の「喰いだおれ大会」、創作寿司・スイーツのコンテストなど、“イベントいっぱい”の3日間となっている。
 「もっきり酒大会」は、初日の16日(金)16:00~18:00、花園銀座商店街の元玉光堂花園店内で行われる。小樽のビールやワインなど、こだわりのお酒が立ち飲み出来る。2日目の17日(土)13:00~20:00にも行われ、雪の花酒造や北の誉、田中酒造など、小樽の日本酒メーカーの美酒がずらりと揃う。 資料
 「カラオケ大会」は、17日(土)14:00から、元玉光堂花園店前の特設ステージで予選が行われる。優勝者にはすし券(1万円)、準優勝には商品券(5千円)など各賞が用意されている。募集は50人、参加費1,000円。決勝は、3日目の18日(日)13:30から、サンモール一番街特設ステージ。 資料
 恒例の「喰いだおれ大会」は、17日(土)18:30からスタートする。中心商店街にある寿司13店・麺肉類17店・甘味11店のうち、それぞれ3店を食べ歩く。参加するには、事前にチケットが必要。前売り2,500円・当日3,000円。 資料
 今年は、小樽スイーツ品評会と桜にちなんだ創作寿司コンテストの新企画もある。スイーツ品評会は、17日(土)13:00~17:00、元玉光堂花園店内。市内スイーツ店による匠の技が披露される。小樽や桜にちなんだスイーツが並ぶ。創作寿司コンテストは、18日(日)15:00から、元玉光堂花園店前ステージで行われる。地元寿司店約8店の職人が、桜にちなんだ作品を披露する。
 このほか、市内商店街でブラスバンドパレードや、ミス小樽の発表会など、イベントが盛りだくさん用意されている。