小樽でまた硫化水素自殺 手宮の市営住宅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 5月10日(土)早朝5:05頃、小樽市営住宅(手宮2)の男性(21)が部屋で倒れており、母親から小樽警察署に110番通報が入った。続いて5:10には、同署から小樽市消防本部に、「硫化水素自殺がありました」 と119番通報が入った。
 市消防本部は、直ちに、消防車両5台・救急車両1台・隊員20名を現場に急行させた。現場に到着した救出隊と救急隊の5名が、防護服と防護衣を着用し、建物内部へ進入。内部で倒れていた男性(21)を発見し、すぐに病院へ搬送したが、死亡した。
 小樽警察署と市消防本部は、団地内の住民約105人を、近くの手宮小学校へ避難させた。
 全国的な問題となっている硫化水素自殺は、市内では5月1日にも発生していた。
 関連記事1