小樽勢がコールド勝ち!春季高校野球開幕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


base1.jpg 高校球児たちの元気な掛け声が、市営桜ヶ丘球場(花園5)に響いた。第47回春季北海道高等学校野球大会小樽支部予選が、5月13日(火)からスタートした。
 13日(火)は、寿都×仁木商業、蘭越×小樽潮陵、小樽桜陽×古平の3試合が、新緑まぶしい快晴の桜ヶ丘球場で行われた。
 第1試合の寿都×仁木商業は、接戦となった。4(仁木商業)-2(寿都)で迎えた9回表、寿都は2点取り同点に追いついたが、その裏、仁木商業が1点取り、5-4で2回戦へコマを進めた。
 第2試合の蘭越×小樽潮陵は、小樽潮陵が、連続安打などで相手のミスを誘い、6回コールドの10ー0で勝利した。
 第3試合の小樽桜陽×古平は、桜陽が、1回に10点取るなどの猛攻で、5回コールドの18-0で勝利。
 2日目は、倶知安×真狩、倶知安農業×小樽工業の2試合が行われる。
 
 試合結果は、北海道高等学校野球連盟HPの新着情報「2008年05月13日 小樽支部開幕!」をクリック。
 北海道高等学校野球連盟HP