能楽堂の一般公開始まる!盛り沢山の企画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


nogakudo1.jpg 小樽市公会堂(花園5)にある歴史的建造物「能楽堂」(旧岡崎家能舞台)の一般公開が、6月1日(日)から始まった。
 今年の一般公開では、公演や展示など多彩なプログラムが企画されている。
 能楽堂を市に寄贈した岡崎家と縁がある新潟県佐渡の「鷺流(さぎりゅう)狂言研究会」をはじめ、「京都茂山狂言の和らい」、「宝来ひょっとこ踊り保存会」、「小樽雅楽会・雅楽演奏会」など、10公演が無料で行われる。また、能面展や能楽堂模型展、能装束展もある。
nogakudo2.jpg 8月14日(木)から17日(日)の4日間は、ライトアップコンサートが行われる。藤森千絵&藤間扇久華によるヴァイオリンと日本舞踊のコラボコンサートなども予定されている。前売券2,000円・当日2,500円。
 このほか、地元能楽団の公開稽古や子供たちを対象としたワークショップも企画されている。昨年に続き、写生コンクールも予定されている。
 6月1日(日)から8月31(日)までの3ヶ月間、小樽市能楽堂を楽しむ企画が盛り沢山となっている。
 小樽市能楽堂・一般公開 2008.6.1(日)~8.31(日)まで