“てみやまつり”の始まり!夏本番

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


temiyafes1.jpg 小樽の下町手宮地区に夏本番を告げる「小樽稲荷神社例大祭“てみやまつり”」が、9日(月)から11日(水)までの日程で始まった。
 緑に包まれる神社境内には、祭りの幟がいくつも立てられている。20℃超えの夏の日差しを受けながら、手宮地区十間通り・手宮銀座街・能島通り商店街には露店が軒を並び、夏祭りを盛り上げる。
temiyafes2.jpg初日の朝から昼にかけて、関係者たちは準備に追われ、カラオケ大会用のステージ設営などの力仕事に汗を流していた。
 9日(月)18:00からは、潮太鼓保存会奉納演奏や岳船会奉納吟、神輿渡御、カラオケ予選会が行われ、祭りを盛り上げる。10日(火)は、子供樽みこし、小樽松前神楽、餅まき、百人みこし、カラオケ予選会。11日(水)は、小樽太鼓衆鼓響奉納演技、カラオケ決勝大会など、盛り沢山のイベントが用意されている。