快晴の小樽港に浮かぶ飛行船! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


nissen2.jpg 全長約40m、全高約13m、全幅約11mの楕円形の飛行船が、9日(月)午後、小樽港の上空に姿を見せた。
 この飛行船は、ニッセンスマイル号で、小児がんの子どもとその家族を支援しようというという趣旨で、4月から全国縦断のフライトを行っている。
nissen1.jpg 9日(月)14:00頃、小樽港上空に、その優雅な姿を見せた。快晴の下、ゆっくりと港内を一周。船体下にある操縦席が特徴的で、肉眼で見ることが出来た。
 同船は、 カタログ通販のニッセンが、社会貢献活動の一環として、財団法人「がんの子供を守る会」と連携し、その活動を支援・PRするために、全国横断をしている。
 九州・関西・東海・関東を経て、北海道エリアに飛翔した。大きな熱気球を思わせる船体がポッカリと港の上空に浮かび、港に停泊している「クリッパーオデッセイ」などを眺めていた。
 港から市内を一巡すると、ゆっくりとした船足でその姿を消した。
 2008ニッセンスマイル号