衆議院選道4区に 宮本氏を正式決定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 自由民主党北海道第4選挙区支部(吉川貴盛暫定支部長)の拡大役員会が、23日(土)、新日本海フェリー小樽ターミナルビル3階ホールで開かれ、北海道大学の宮本融・特任准教授(43)が、新支部長に就任し、北海道4区の候補者として正式に決まった。
 8月9日(土)に開かれた4区支部の委員会で、宮本氏が、北海道第4選挙区の立候補者として最適だと認め、擁立することを決めていた。
 これを受けて、自民党北海道4区支部は、23日(土)、自民党・古賀誠選対委員長を招き、拡大役員会を開き、正式に決定した。
miyamoto.jpg 役員会終了後の17:40から、出馬表明記者会見が同所2階で開かれ、宮本氏は、「選挙ですから、ゆかりのある方のほうが強いけれど、日本全国、津々浦々歩いてみて、これほど恵まれたところはない。私は、スキーが大好きですし、海があって山があって、ここが発展しないことはない。政治がすべきことが最もある地域であると考えました。必ずしも、郡部農村地帯、それから、過疎が進むエリアにおいては政治がやることはきちんとある。外の目をもってきて、皆様の役に立ちたいということである」 と述べた。
 すでに、大学に辞表を提出しており、9月1日付で受理される予定。今後、自民党本部に、一日も早く、正式候補者として認められるように求めることにしている。
 関連記事