豪華客船「にっぽん丸」 飛んでクルーズ開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


niponmaru1.jpg 小樽港を起点として道内を周遊する「飛んでクルーズ北海道」が、8月27日(水)からスタートした。豪華クルーズ客船「にっぽん丸」(21,903トン)は、27日(水)10:00、小雨がパラつく小樽港に姿を現し、ゆっくりとその船体を第3号ふ頭に着岸させた。
 「にっぽん丸」は商船三井客船所属の豪華クルーズ船。全長166.6m、全幅24.0m喫水6.6m、速力18ノット。空路と海路の組み合わせによる日本初の「飛んでクルーズ北海道」のため、一昨年から、小樽港に度々寄港している。
niponmaru2.jpg
 今年のクルーズは、8月27日(水)から4航海行われる。小樽から、日本最北の利尻島・礼文島、世界遺産の知床を訪問。北海道の大自然と山海の幸を楽しむことが出来る。 Aコース (8/27~31)・Bコース(8/31~9/4)・Cコース(9/4~8)・Dコース(9/11~15)の4コースで、いずれも大人一人118,000円~472,000円となっている。
 第3号ふ頭に停泊中の「にっぽん丸」の船内では、17:15から出港セレモニーが行われ、関係者たちが見送る中、「飛んでクルーズ北海道」が始まった。
 
 にっぽん丸公式ページ∥スケジュール一覧