ドリームビーチの清掃活動 9/27(土) 渓仁会グループ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 渓仁会グループ(秋野豊明理事長)は、9月27日(土)10:30~12:30、小樽市銭函3丁目の大浜海岸で「おたるドリームビーチ清掃活動」と題した地域貢献活動を実施する。
 同グループは、今年の北海道サミット開催などを受け、6月7日、職員とその家族など115名が参加し、おたるドリームビーチ(ドリビ)で清掃活動を行った。漂流物(木枝)や海水浴客が投棄したゴミ、家電・タイヤの不法投棄物など、220袋(1袋・45L)分を拾い集めた。参加者からは、「身近な地域の環境が知る事ができ勉強になった」、「この活動を継続する事が大事と感じた」との声が寄せられたという。
 清掃後、見違える程キレイになったが、3ヶ月経つと、清掃前と同じ光景となってしまった。このため、同グループは、9月27日(土)、海水浴シーズン後の同所で2回目の清掃活動を行うことにした。参加者は、約130人程度の予定としている。
 渓仁会グループは、1979(昭和54)年創設。「医療法人渓仁会」、「社会福祉法人南静会」、「株式会社ソーシャル」、「株式会社ハーティワークス」の4法人で構成されている。渓仁会円山クリニック(札幌市中央区)や手稲渓仁会病院(札幌市手稲区)など、30を超える病院・保健・医療・福祉施設を経営している。
 手稲渓仁会病院は、手稲駅前にあり、小樽市に隣接していることもあり、医療環境が整っていることから、小樽市民が利用することも多い。
 おたるドリームビーチ清掃活動 
 渓仁会グループ