海上に浮かぶ札幌のビル群 祝津パノラマ展望台

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 9月中旬になったが、小樽は降水量ゼロで日照時間が2桁を記録する日が続き、北の大地らしい秋空高く爽やかな気候となっている。
 9月6日から13日までの一週間は、降水量はなく、日照時間が2桁となった。9日11.5時間、10日11.8時間、11日12.1時間と、日照時間が2桁を記録。平均気温も20℃前後で、湿度も50〜60%台と、爽やかな秋晴れが続いている。
 秋空高く、海は穏やかで、祝津パノラマ展望台からは、360°の眺望が得られる。
 祝津マリーナや祝津港を眼下に、小樽沖を眺めると、なんと札幌のJRタワーなどの高層ビルが、海上に浮かぶ。隣接都市の札幌が手に取るように見えるのは、この展望台だけで、積丹半島や雄冬連峰も視野に入る大パノラマ風景が広がっている。
 暑くなく寒くもなく、半袖で爽やかに過ごせる小樽で、長袖が必要になる日も近い。