多喜二の小樽を巡るツアー「1日文学散歩」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブームとなっている「蟹工船」の著者・小林多喜二が育った街・小樽を巡るツアー「1日文学散歩」が、11月から5月まで、1ヶ月に1回行われる。
 「小林多喜二・1日文学散歩」を企画したのは、JTB北海道小樽支店。1日と1泊2日コースの2種類。札幌発着は6,800円、小樽発着は5,800円、1泊2日は12,000円(朝食付)。
 出発日は、11/9(日)、12/20(土)、1/20(火)、2/20(金)、3/20(金)、4/19(日)、5/17日(日)の7回。いずれも、9:30から17:30まで(昼食付)。札幌からは、8:30に中央バスターミナルに集合し小樽に向かう。1泊2日コースは、出発日前日にオーセントホテルに宿泊する。各回定員40名。
 ツアーには、市立小樽文学館の学芸員が同行する。午前は、文学館で多喜二についての講演が行われ、多喜二が勤務した旧北海道拓殖銀行小樽支店、住居跡地、多喜二が眠る奥沢墓地を巡り、ヒルトン小樽でランチブッフェ。午後は、旭展望台にある多喜二の文学碑、旧庁立小樽商業学校・旧小樽高等商業学校、タキとデートした水天宮などを訪れ、多喜二が歩んだ小樽を散策する。
 問合せ・申込:0134-25-7826 JTB北海道小樽支店
 
 関連記事1 関連記事2 関連記事3 関連記事4 関連記事5