一管本部・絵画コンクール 小樽・余市の小中9人受賞

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kaiho1.JPG 第一管区海上保安部(港町5・星島伸至本部長)が、海洋環境保全思想の普及・啓発活動の一環として実施した「第9回未来に残そう青い海・図画コンクール」で、道内の応募作品803点の中から、松ヶ枝中や幸小など小樽・余市の小中生9人が見事入賞した。
 同コンクール(海上保安庁主催)は、6月1日から9月8日まで、全国の小中学生を対象に「未来に残そう青い海」をテーマとした美しい海の必要性を連想させる図画を募集。道内では、小学生低学年の部(1年~3年)・高学年の部(4年~6年)・中学生の部の3部門に、803作品の応募があった。
 10月16日、第一管区海上保安本部長賞や(財)海上保安協会北海道地方本部長賞などの受賞作品が選ばれ、小樽・余市の9人の作品が各賞に選出された。
 小樽海上保安部の山口晴久部長は、26日(水)、中学生の部で北海道の最高賞となる第一管区海上保安部長賞など5つの賞を受賞した松ヶ枝中の生徒を訪問。校長室で生徒に一枚ずつ賞状を手渡し、子供たちは、「夏休みの宿題の一環で描いた絵が受賞して嬉しい」と喜んでいた。
 一管本部長賞を受賞した椎野麻里奈さん(2年)は、「夕日が好きで、思いつくままにイルカや海の生物を描いた」。(財)海上保安協会北海道地方本部長賞の北出克徳くん(1年)は、「大事にしないとすぐに割れてしまうシャボン玉の中に、ウニやアワビなどの海産物を入れて環境保全を訴えた」。
 NHK札幌放送局長賞の黒木優里奈さん(中2)は、「きれいな海をバックにしたいと思って描いた」。海上保安協会小樽支部長賞の山本李歩さん(1年)は、「オタモイ海岸の夕日を写真に撮って描いた」。小樽部長賞の石塚麻衣さん(2年)は、「イルカとカモメの群を描いた」と作品を手に説明していた。(作品の写真提供:小樽海上本部)
kaiho2.JPG
 第9回未来に残そう青い海・図画コンクール受賞作品が決定しました。!

 小学校低学年の部
 高学年の部
読売新聞北海道支社賞
幸小 大高 彩 3年
小樽部長賞
木露 朋美 3年
海上保安協会小樽支部長賞
大川小 岡田 緋菜 3年
小樽部長賞
幸小 木露 和輝 5年
 中学生の部 (松ヶ枝中
第一管区海上保安本部長賞
椎野 麻里奈 2年
(財)海上保安協会北海道地方本部長賞
北出 克徳 1年
NHK札幌放送局長賞
黒木 優里奈 2年
小樽部長賞
石塚 麻衣 2年
海上保安協会小樽支部長賞
山本 李歩1年