小樽の「定住体験・長期滞在」メニュー完成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽の定住体験・長期滞在を推進する「おたる移住・交流推進事業研究会」(中松義治会長)は、このほど、43件のメニューを盛り込んだ「移住PRパンフレット」を作成した。
 同パンフレットには、宿泊6件、体験24件、見学4件、スポーツ2件、資格・技術習得2件、講座3件、資格+体験2件の計43件の「定住体験・長期滞在」メニューが掲載されている。
 宿泊では、市内のホテルやロッジ、貸別荘などを利用したプラン。体験には、市内の職人による和菓子や金箔貼り、指輪制作など、幅広いメニューが企画されている。この体験メニューは、同研究会ホームページにも詳しく載っている。
 宿泊 体験 見学 スポーツ 資格・技術習得 講座 資格+体験 
 同研究会では、作成したこのパンフレットを、都市圏で開催される北海道の暮らしフェアで配布し、ふるさと情報プラザ(東京都有楽町)の移住コーナーに常置することにしている。
 関連記事 
 おたる移住・交流推進事業研究会HP