ガソリン価格3ヶ月連続下降

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 11月10日(月)、小樽市生活環境部生活安全課が発表した生活必需品小売価格調査結果(11月分)によると、市内のガソリン価格が3ヶ月連続で下降している。
 市内のレギュラーガソリン(現金買い1L)は、129.8円から156円までの価格幅で平均134.72円となった。対前月比で15.3%、前年比9.2%下降した。
 灯油も78円から107円の価格幅で平均91.76円となり、対前月比20.5%下降した。
 同調査は、市が、小樽消費者協会に委託して11月5日に実施。燃料をはじめ食料品など24品目の調査を、燃料店45店・食料品店16店で行った。
 食料品の調査では、冬前に出荷される大根やはくさいなどの価格が大幅に下降した。