「12月から3月はじわ~っと」 交通安全セミナー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年12月から来年3月までは、冬道「じわ~っとおたる」運動期間。1日(月)15:30から、ウイングベイ小樽(築港)のネイチャーチャンバーで、交通安全セミナーが開催された。
 同運動の一環で行われるセミナーは、小樽安全運転管理者事業主会(中野豊会長)の主催。市内小学校児童会や交通安全協会女性部会による交通安全宣言、小樽警察署交通課による講演、道警音楽隊(カラーガード隊)によるコンサートなどが行われた。
 主催者の中野豊・事業主会会長は、「合言葉はじわ~っと。1人でも貴重な命を助けたい」と挨拶。
 色内小の児童会5人は、「雪道は じわっと発信 安全第一」、「雪の道 人も車も ゆっくりと」など575による交通安全宣言を発表し、注意を呼びかけた。
 小樽警察署交通課・金田篤也課長は、双葉高校生の協力で、生徒たちが作成した夜行反射材付きTシャツを紹介し、その効果を発表した。
 メインの道警音楽隊コンサートでは、この時期に合わせて、「恋人たちのクリスマス」や「ジングルベル」などクリスマス定番曲を披露。息の合った迫力ある演奏に、集まった聴衆たちは大きな拍手を送っていた。
 今年の市内での交通事故死者数は4名で、昨年より8名減少している。また、昨年の12月から3月までの「じわ~っとおたる」運動期間の死者数は、0人となっている。
 Youtubeチャンネル 小樽テレビOTV