ガソリン・灯油価格4ヶ月連続下降

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 原油価格の大幅な下落で、小樽のガソリン・灯油の小売価格が、9月から4ヶ月連続で下降している。
 市が、小樽市消費者協会に委託して毎月実施している「生活必需品小売価格調査結果(12月分)」によると、灯油(現金買い1L)は、73.73円で対前月比19.7%、ガソリンは、118.35円で12.2%下降。灯油は、昨年5月、ガソリンは、昨年3月頃の価格まで下がった。
 市内の燃料店45店の価格幅は、調査を実施した12月5日現在で、灯油64.8から80円、ガソリン112.8から135円となっている。
 また、同調査の食料品では、市内食料品店16店を調査したところ、キャベツが115.3%と大幅に上昇し、大根や長ねぎ、トマトなども10から47%の上昇となった。
 関連記事