市内色内在住者を大麻所持で逮捕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


taima.JPG 小樽警察署(富岡1)は、10日(水)、大麻取締法違反で小樽市色内1在住の運送業・藤田修容疑者(38)を、9日(火)8:30に現行犯逮捕したと発表した。
 容疑者は、千歳で自生していた大麻を採取し、自宅内で約2キロのグラムを隠し持っていたところ現行犯逮捕された。調べでは、約2年前からインターネットで大麻に興味を持ち、種を購入し栽培したことがあったという。
 小樽署は、「容疑者は、軽い気持ちで大麻を吸い、高揚感を得るために一人でやっていたと話しているが、2キログラムは一人で吸うには多すぎる」と、売りさばいていた可能性もあるして捜査している。(写真提供:小樽警察署)