無病息災を祈願 市内神社「どんど焼き」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dondoyaki.jpg  正月飾りを焼く火祭り行事「どんど焼き」が、7日(水)8:00から、市内三大神社で行われている。

市民たちは、三々五々と近隣の神社境内に集まり、大きな紙袋に入れた正月に使った門松やしめ縄、御守りなどを火の中に投げ入れて、その火にあたって今年1年の無病息災を願った。
小樽総鎮守の住吉神社(住之江2)には、会社に向かうサラリーマンや主婦など多くの市民たちが訪れ、燃え上がる炎の中に、次々に飾りを投げ入れていた。パンパンと両手を2回合わせて、今年1年の安全・健康などを祈願していた。冬休み中の子供を連れた親子も多く、「今年1年健康でありますようにとお願いするんだよ」と会話する姿が見られた。
同神社の「どんと焼き」は、7日(水)8:00~16:00、8日(木)8:00~正午の2日間。龍宮神社と水天宮は7日(水)8:00~15:00のみとなっている。