厳しさ増す後志地区の景気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日本銀行札幌支店は、9日(金)、後志地区の金融経済概況を発表した。
 同概況では、後志地区の景気は、厳しさが増しているとしている。
 個人消費は、「大型小売店売上高は、雇用者所得が厳しい状況にあることに加え、景気の先行きに対する不安感の広がりなどから、食料品は堅調であるものの、衣料品、宝飾品を中心に一段と低調な動きとなっている。また、家電販売は薄型テレビを中心に底堅い売れ行きとなっているものの、乗用車販売は、消費マインドの冷え込みから、大幅に落ち込んでいる」と、厳しい状況にあるとまとめている。
 このほか、観光も厳しい状況で、公共投資は減少傾向にあるなどとしている。
 日本銀行札幌支店
 金融経済概況