米艦船入港反対を申し入れ 連合小樽・民主党支部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1月13日(火)、米ミサイル駆逐艦「フィッツジェラルド」の小樽寄港要望に対し、連合北海道小樽地区連合会など4団体が、「小樽港入港に反対する申し入れ」を行った。
 連合小樽の佐藤浩一会長は、「2月の入港が定着することは、拒否して頂くようお願いしたい」と申し入れたのに対し、山田厚副市長は、「申し入れは市長に報告する。従来からの判断基準で手続きを行っているが、冬は予定船が遅くなることなどが予想され、日程の把握が出来るまで協議を続けるので、16日までの回答期限までの返事は難しい」と述べた。
 関連記事1 関連記事2