おたる水族館冬季特別営業 1/31~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 おたる水族館(祝津3)は、さっぽろ雪まつり(2/5~11)と小樽雪あかりの路(2/6~15)に併せて、1月31日(土)から2月15日(日)まで、冬季特別営業を実施する。
 冬季特別営業では、冬の特別展「水中のうっしっしっ!」や「サッポロカイギュウ化石で甦る」、「ペンギンの雪中散歩」、「ペリカンの館内ウォーク」など企画が盛り沢山。
 冬の特別展「水中のうっしっしっ!」は、今年の干支「丑」に似た名前や姿の生物を集めて展示する企画。牛を模した手作りの展示ボックスの中に水槽を設置し、牛の模様とそっくりなナマズの仲間「ホルスタインタティア」や「ウシノシタ」(アカシタビラメ)などウミウシ類を紹介する。展示ボックスには、牛の鳴き声ボタンを付けるなど工夫を凝らしている。
 「サッポロカイギュウ化石で甦る」は、冬季営業5周年特別企画で、札幌で発見された体長7mを超える大型のカイギュウの骨格標本レプリカを展示する。併せて、サッポロカイギュウについての解説パネルも設置する。
 「ペンギンの雪中散歩」では、ジェンツーペンギン3羽が、イルカスタジアム前の雪のコースをよちよち歩く姿が披露される。途中、ペンギンの紹介や記念撮影タイムもある。1日12:00と13:30の2回。
 「ペリカンの館内ウォーク」では、本館1階海のパノラマ水槽前からほのぼのプール、教育水槽までを、モモイロペリカン4羽が歩く姿を見ることが出来る。1日11:00と14:30の2回。
 このほか、イルカとペンギントレーナーと題した雪像の展示やバックヤードツアーなどの企画も用意されている。
冬季特別営業の営業時間や入館料などの詳細は、こちら
 おたる水族館HP