小樽港を跨ぐ大型の虹出現

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


niji1.JPG 1月23日(金)13:40から数分間、雨の上がった小樽の街の上空に、小樽港を跨ぐ大きな虹が出現した。
 虹は、太陽の光りが空気中の水滴に屈折・反射し、7色の色彩を表現する。雨上がりの数分間に、太陽の光りが差し込んで出来る自然現象。
niji2.JPG この日の小樽市内は、最高気温が11.0℃まで上がり、4月中旬並の暖かい日となり、1月にも関わらず一日中雨模様となっていた。
 13:40頃、一度雨が上がり、雲の隙間から太陽が顔を覗かせて、市内に光りが差し込んだ。この影響で、小樽港を跨ぐ大きな虹が出現した。
 数分間、市内各所から虹を眺めることが出来たが、次第に上空から姿を消していった。