ペンギンの雪上よちよち歩き 水族館の冬季営業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


pengin1.JPG 1月31日(土)から「おたる水族館」(祝津3)の冬季特別営業が始まる。
 今年の冬季営業は、さっぽろ雪まつり(2/5~11)と小樽雪あかりの路(2/6~15)に併せて、1月31日(土)から2月15日(日)10:00~16:00まで。
 冬の特別展「水中のうっしっしっ!」や「サッポロカイギュウ化石で甦る」、「ペンギンの雪中散歩」、「ペリカンの館内ウォーク」などの企画が用意されている。
 同館は、前日の30日(金)、地域の祝津小学校の児童16名と教員5名の計21名を招待し、特別営業の目玉企画を紹介した。
pengin2.JPG 「ペンギンの雪中散歩」では、ジェンツーペンギンのダディ(父)・ボン(母)・ボボン(娘)の家族が、イルカスタジアム前の雪のコース約45mをよちよち歩く姿を披露。
 子供たちは、ペンギンの家族が、飼育員の後ろを歩く姿に、「かわいい」と歓声を上げていた。高いところが好きというペンギン一家は、散歩の途中で、コースを飛び越えてしまうこともあった。ペンギンの顔や体を間近に見ることが出来た子供たちは、「すごい」、「嬉しい」などと満足そうだった。
 冬季営業では、これらの企画のほか、イルカとペンギントレーナーと題した雪像の展示やバックヤードツアーなども用意されている。詳細はこちら
 関連記事