「ふぐ料理による食中毒に注意を」 市保健所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市保健所(富岡1)は、山形県鶴岡市の飲食店で発生したふぐによる食中毒事件を受けて、「ふぐによる食中毒予防」を啓発している。
 ふぐの調理には、「ふぐ処理責任者」などの資格が必要となる。内臓などに毒を持つ魚で、中毒事故を防止するために、販売店や飲食店などが、ふぐを取り扱う施設として保健所へ届け出なければならない。市内には、ふぐ処理届出施設は71施設ある。
 保健所に届出をした施設には、「ふぐ処理施設届出済証」が交付されるため、市保健所は、「飲食店内でふぐ料理を食べるときは確かめて」と注意を呼びかけている。