小樽市医師会長に津田副会長  初の女性理事も誕生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 社団法人小樽市医師会(富岡1)は、4月1日付で、任期満了に伴う役員人事異動を行い、新会長に津田哲哉副会長を昇格させた。また、医師会初の女性理事も誕生した。
 同医師会の会長は、2005(平成17)年4月1日から2009(平成20)年3月31日までの2期・4年間、城小児科クリニック(緑2)の城守院長が務めていた。
 このほど、城会長から、2期4年の任期満了で退任する意向が示されたため、先の総会の選挙で、津田副会長を会長とする推薦が行われ、新会長に選ばれた。城氏は、顧問に回った。また、新副会長には、阿久津光之理事(医療法人社団阿久津内科医院)が就任した。
 欠員2名となった理事には、澤田香織(本間内科)馬渕正二(第二病院院長)の両氏が選任された。新任の澤田理事は、看護教育部担当で、看護高等専門学校の運営に当たる。馬渕理事は、学術部担当となり、医師会会員向けの 教育講演などを行う。
 4月1日付でスタートした医師会新体制は、来週から、今後の具体的な方針を決めることにしている。
  ◎小樽市医師会新役員(4月1日付)
  会  長 : 津田哲哉(新)
  副会長 : 近藤真章(再)、阿久津光之(新)
  理  事 : 大庭久貴(再)、川村健(再)、小梁川義則(再)、佐々木一晃(再)、鈴木敏夫(再)
         外園光一(再)、髙村一郎(再)、長谷川格(再)、皆川忠久(再)
         澤田香織(新)、馬渕正二(新) 計11名
  監  事 : 谷口博(再)、鈴木隆(再)
  顧  問 : 城 守(新)
  退  任 : 千葉峻三