鮮やかに咲く芝桜 天神小前にピンクのカーペット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


芝桜 小樽市内のソメイヨシノは満開を迎える前に葉桜となってしまったが、今度は、市内各所で、芝桜が白・ピンク・紫の花をあざやかに咲かせている。
 市内では、毎年、天神小学校(奥沢5)の入り口に、色とりどりの芝桜のあざやかなカーペットが創り出される。
 芝桜は、高さ10cm程度のハナシノブ科の多年草で、地をはうように生える。4月から5月頃に、白やピンク、紫の花を咲かせる。市内では、住宅の庭先に植える人も多い。
芝桜
 天神小入り口の両側にある芝桜の山は、天神十字街から望洋台へ上る道沿いにある。ここ最近、好天が続いたことで満開となり、この周辺を散歩する市民は、「毎年きれいに咲くから楽しみにしている」と眺めていた。
 市内では、このほか、手宮公園内の緑化植物園や小樽商科大学への坂の途中にある妙龍寺などでも、淡いピンク色の花を咲かせる。