「2009夜桜ライブ」 小樽稲荷神社境内

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


yozakur.live1.jpg 手宮公園に隣接する小樽稲荷神社(末広町38・木村文彦宮司)境内で、「2009夜桜ライブ」が、9日(土)・10日(日)の2日間で行われている。
 手宮地区の住民有志が、「手宮の活性化と、多くの人に手宮の坂を上ってもらいたい」 と実行委員会をつくり、2年前から開催している。神社境内にかがり火を焚き、縁日と雅楽などのライブを楽しむイベントとなっている。
 桜の木にちなんだライブとあって、第1回から桜の植樹にも力を入れている。2007年の第1回は、境内に桜の苗木51本を植樹。2008年の第2回からは、オリジナルのストラップを販売し、その収益で桜の苗木を購入して植樹している。
yozakur.live2.jpg
 3回目となった今年は、幸福桜鈴御守ストラップ(500円)を限定200個販売し、神社に至る手宮公園沿いの坂道に植樹することにしている。
 「2009夜桜ライブ」初日の9日(土)は、16:00からスタート。すでに葉桜となってしまった境内には、かがり火が焚かれ、厳かな雰囲気が演出された。後志雅友会は、雅楽、参加アーティストたちは、オリジナルの楽曲を披露した。会場には、若い女性グループや家族連れの姿が多く、生演奏に合わせて手拍子を送る人も。子供たちは、輪投げやスーパーボールすくいに興じていた。
 10日(日)は、11:00から18:30まで、14名のアーティストの生ライブが行われる。