新型インフル 「むし歯予防デー」行事中止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市歯科医師会(笠間茂会長)は、新型インフルエンザの国内での感染拡大を受けて、4日(木)から10日(水)まで開催することにしていた「歯の衛生週間」イベントを中止すると、6月1日(月)に発表した。
 同会は、5月25日に役員会を開催し、現在、小樽市内での新型インフルエンザ感染事例は発生していないが、イベント来場者には抵抗力の弱い乳幼児が多いこと、旭川市や千歳市の歯科医師会で、同週間イベントを中止したことなどを理由に、「感染予防の観点から」中止を決めた。
 同イベントでは、毎年、成人・小児の歯科無料健診やブラッシング指導、フッ素塗布の実施などが行われている。約300人の市民が会場の歯科医師会・会館を訪れている。
 関連記事
 小樽市歯科医師会