小型クルーズ船「クリッパーオデッセイ」 小樽港に 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


crippa1.jpg クルーズ船「クリッパーオデッセイ Clipper Odyssey」(バハマ船籍・5,218トン)が、6月12日(金)12:00、小樽港にその白い姿を浮かべた。
 「クリッパーオデッセイ」は、クリッパークルーズラインの小型クルーズ船。全長103.6m、全幅15.6m、乗客定員128名、乗組員数72名、客室数64室。すべての客室が海側で、バスタブ付。かつてクルーズファンを魅了した名船「おせあにっくぐれいす」が旧船。
 6月1日からスタートしたトレジャー・オブ・ジャパンクルーズで、宮島・広島・大分・金沢・室蘭などを巡り、6月12日(金)に最終寄港地として小樽港に到着した。
crippa2.jpg
 12:00、北海製罐工場の昼の”ポー”が鳴り響く中、ゆっくり港内を進み、小樽港第3ふ頭に、その優雅な白い船体を浮かべた。小樽クルーズ客船歓迎クラブのボランティア会員たちが、出迎えた。
 クリッパーオデッセイの乗客は84名で、小樽市内などの観光地を巡り、船内で一泊し、13日(土)朝に下船する。
 同船の次の寄港地やクルーズは未定で、しばらく小樽港に停泊するという。
 Youtubeチャンネル
 クリッパーオデッセイ