7月で消える丸井今井小樽営業所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


marui1.jpg 2005(平成17)年10月の丸井今井小樽店撤退後、国道5号線沿いJR小樽駅前第1ビルに隣接する樽石ビル(稲穂2)の2階に設置されていた小樽営業所が、7月20日(月)で廃止されることになった。
 経営破綻した丸井今井(札幌)は、三越伊勢丹ホールディングス(東京)の支援を受けて再建に取り組んでおり、札幌と函館に経営資源を集中させることを目的に、小樽・苫小牧・釧路の3営業所の廃止を決めた。営業所は、地方の外商拠点として設置し、営業活動やギフト品受注などを行っていた。
 小樽では、2005(平成17)年10月23日の丸井今井小樽店撤退後、marui2.jpg国道5号線沿いの樽石ビル2階に営業所を設置し、正社員と契約社員合わせて10人程度で営業活動を進めてきた。
 この営業所の廃止で、小樽市から丸井今井に関する一切の名前が完全に消え去ることになった。
 関連記事1 関連記事2