ウェイクボードで人身事故 塩谷漁港沖合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 6月22日(月)13:52頃、小樽市塩谷漁港の沖合450mで、ウェイクボードをしていた札幌市在住の男性の足が、プロペラに挟まれてケガをする人身事故が発生した。
 小樽海上保安部(港町5・村田織彦部長)によると、ウェイクボードを終えた村松隆博さん(46)が、船尾から乗艇する際、両足がプロペラに挟まり、左右大腿部と腹部に裂傷を負った。出血で意識が朦朧とする状態となり、救難所所属船で塩谷漁港に運ばれた。15:08頃、北海道防災ヘリによって、札幌医科大学付属病院に搬送された。