“蝦夷梅雨”明けの小樽 3日連続夏日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0624-1.jpg 今週に入り、道内の気温が一気に上がり、市内でも、6月22日(月)・23日(火)・24日(水)と3日連続で、夏日を記録している。
 小樽の6月の天候は、どんよりとした曇り空に覆われ、雨が降ったり止んだりする”蝦夷梅雨”が続いていた。
0624-2.jpg しかし、6月22日(月)は26.6℃、23日(火)は26.8℃、24日(水)は27.3℃と、気温が一気に上がり、3日連続で今季最高気温を記録した。
 24日(水)には、梅雨明けを思わせるような、カラッとした北海道らしい天候が戻り、小樽運河浅草橋街園に設置されている温度計が、真夏日の一歩手前の29.4℃を示していた。
 この3日間、運河公園の噴水池では、園児たちが水しぶきに触れて涼をとる姿も多く見られた。
0624-3.jpg
 札幌管区気象台によると、29日(月)までの最高気温は、26~28℃いずれも夏日の予報となっている。
 27日(土)には、道内の海水浴場で一番早く、おたるドリームビーチがオープンする。
 いよいよ北国・小樽に、本格的な夏がやってくる。
 海水浴場オープン情報