5つ星探検船「ハンセアティック」 小樽に入港 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9,000トン未満の小さな5つ星探検船「ハンセアティック」(フィンランド・8,378トン)が、6月26日(金)早朝、小樽に入港した。
 同船は、1993年建造。全長122.8m、全幅18m、喫水4.8m、92客室、定員184名。「探検船とは思えないほど豪華な造りで、世界中の様々な場所へ冒険の旅に出ている」という。
 今回は、小樽発のバイリンガル・クルーズのために、6月26日(金)7:15頃に入港。赤いラインをつけた白い船体を小樽港に浮かべ、”ボーッ”の船笛を二度鳴らしながら、ゆっくりと第3ふ頭に着岸した。
 同船は、小樽で客を乗せて24:00に出港し、次港の利尻に向かう。その後、計18日間で、カムチャッカ半島を巡り、アラスカを目指す。
 YouTubeチャンネル
 ハンセアティック
 平成21年 小樽港クルーズ客船寄港予定