“力強くユーモアたっぷり” アフリカンアート展 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


DSC00174.jpg アフリカ人の日常生活の中から生まれた人形や、木の皮で作られたゾウ、木彫りのキリン造形が並ぶ。パワフルでユーモアたっぷりの「アフリカンアート展」が、7月14日(火)から、都通り商店街内のギャラリー白方(稲穂2)でスタートした。
 同展は、小樽出身の高橋朋子さん(55)が代表を務める南部アフリカ・ジンバブエのジャナグルアートセンターの主催。
 「アフリカのひとたちが、材料も何もない中から創ったものには、力強いものを感じる。日本の子供から大人まで沢山の人たちに見てもらいたい」と企画した。
 展示されている作品は、バオバブの木の皮を土で染めて編んだゾウ、種でできた鳥、松ぽっくりのダチョウなど、力強さに加え、楽しく、愛らしいものばかり。その色使いの豊かさにも驚かされる。
 市内在住の主婦は、「日本人とは発想が違う。何も材料が無くても素晴らしい作品が出来るのね」と、アフリカンアートをじっくり楽しんでいた。
 同展では、展示作品のほか、画家ピーター・クゥワンガレが描いたアフリカの人々の暮らしの絵葉書などを販売している。 売上収益は、超ウルトラのインフレで苦しむ、ジャナグルアートセンターに通う子供たちの学費支援に充てられる。7月19日(日)まで。入場無料。

 関連記事