北照コールド勝利 高校野球 南北海道大会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 第91回全国高校野球選手権大会南北海道大会(円山球場)で、7月17日(金)、北照が札幌旭丘と対戦し、6回コールドの14-0で快勝した。
 同大会には、小樽工業(Aゾーン)と北照(Bゾーン)の2校が、小樽・後志支部代表として出場している。

 小樽工業は、14日(火)に函館大谷と対戦し、8回コールドの10-3で勝利し、2回戦へとコマを進めた。
 北照は、16日(木)に1回戦を行う予定だったが、17日(金)に延期となった。試合は、12:59にプレーボール。北照の4選手から本塁打が4本も出るなど打線が爆発し、6回コールドの14-0で勝利した。イニングスコア
 18日(土)は、Aゾーンの小樽工業×函館工業、Bゾーンの北照×北海道栄が行われる。トーナメント表
 関連記事