海の日に覚えるロープワーク 市総合博物館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


uminohiwark.jpg 小樽市総合博物館(手宮1)は、 7月20日(月)、 海の日に関連して 「ロープワーク~簡単な”結び”を覚えよう~」を、 13;30から 同館研修室で開いた。
 子供・大人合わせて15人が参加し、生活の中で使える簡単な結び方の練習と、カウヒッチ(ひばり結び)という結び方で救命浮輪のストラップ作成に挑戦した。
 結び方の練習では、研修室内に設置された棒を使って、基本の一重結びから、8の字結び、本結びなど8種類を学んだ。「結びやすく、解きやすい」結び方にも関わらず、参加者の中には「難しい」、「ちゃんと結べない」と四苦八苦する人も。
 最後に、青と白の紐をひばり結びで救命浮き輪のストラップ作りを行い、海の日にちなんだロープワークを楽しんだ。