小樽港内でヨットレース 陸上から観戦も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「第26回レーザー級全日本マスターズ選手権大会」が、8月29日(土)・30日(日)の2日間、小樽港内外を会場に開催される。
 小樽市での開催は今回で2回目。全国の35歳以上セーラーが参加し、今回は、本州の参加選手から、「北海道でやりたい」との要望が集まったことから、小樽での開催に至った。
 レースは、日本レーザークラス協会・北海道セーリング連盟の主催。築港臨海公園とその沖海面が会場。レーザースタンダードクラス・レーザーラジアルクラスの2種目。7月31日(金)まで参加選手を受け付けている。
 小樽市築港臨海公園の浮き桟橋をスタート地点に、約50選手のヨットが白い帆を上げて、小樽の海を疾走する。レース設定は、小樽港内をぐるぐると回るように工夫され、陸上からもレースの展開が見やすくなっている。ウイングベイ小樽からは、迫力あるスタート時やレースの模様もハッキリ見ることが出来る。
 第26回レーザー級全日本マスターズ選手権大会(WORD)