夏休みスタート 「あゆみ」 にドキドキの1年生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


natuyasumi.jpg 小樽の市立小中学校41校の夏休みが、7月25日(土)から スタートする。 24日(金)は、各学校で一学期の終業式が行われた。小学1年生は、ドキドキしながら、初めてのあゆみ(成績表)を 受け取っていた。
 色内小学校(稲穂5・吉田志津雄校長・145名) では 、 終業式を8:35から 同校体育館で行った。
 吉田校長は、遠足や運動会、宿泊研修など1学期の行事の思い出を振り返り、「皆さんは、1学期の75日間、普段の勉強と様々な行事で、色々なことを体験し、考え、成長しました。楽しい夏休みを過ごして、8月19日(水)に元気いっぱいで色内小学校に来て下さい」と呼びかけた。
 全校生徒で校歌を斉唱し、子供らしい元気いっぱいの歌声を体育館に響かせた。
 式後、各学年では、それぞれ、あゆみの配布が行われた。
 1年生たちは、担当教諭の「電気係頑張りました」、「給食係頑張りました」、「絵と字が上手。 感心 しちゃう」、「元気良く、勉強も出来ました」の言葉に耳を傾け、照れ笑いしながら、初めてのあゆみを受け取った。一人一人が受け取ると、クラス全員から拍手が送られた。
 小学校の夏休みは、8月18日(火)まで。 中学校 は、8月23日(日)まで。