新型インフル検査機器購入へ (2009/09/02)

 市は、市内での新型インフルエンザ患者の集団発生を受けて、検体の検査機器を購入することを決めた。

 これまで、患者が市内医療機関でインフルエンザA型陽性と診断され、新型かどうかを判断するためには、北海道立衛生研究所へ検体を持っていかなければならなかった。これには約9時間が必要となっている。市がこの機器を導入すると、約3時間で検査が可能となり、約6時間も短縮出来る。

 今回、9月15日(火)から開会する市議会第3回定例会に、検査機器等整備事業費として354万2,000円を計上する。

 関連記事

   市議会選挙  知事選挙  道議会選挙  Google ニュース  Yahoo!ニュース


博物館の春支度! 展示車両シート外し

合同庁舎で火災防御訓練 約80名を避難誘導

大漁旗と鯉のぼり泳ぐ!勝納川の春便り

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈