第15回後志フードフェスティバル 10/7開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 後志で活躍する料理人の技と味が一堂に集まる「第15回後志フードフェスティバル」が、10月7日(水)、グランドパーク小樽(築港・ウイングベイ小樽内)で開かれる。
 (社)全日本司厨士協会小樽支部・北海道中小企業同友会しりべし小樽支部の共催。
 小樽及び、後志の食文化向上、食と農水産業の交流による地域経済の活性化を目的に始まった同イベント。食に関するシンポジウムやパネルディスカッション、小樽・後志で活躍する料理人が創る品々の立食パーティが行われている。

 今年は、「いま、後志の”食”がオモシロイ!」を合言葉に開かれる。
 第1部シンポジウム「後志の食を魅力的に伝えたい!”羊蹄山麓味覚フェスタ”の挑戦!~」は、16:00~18:00。パネルディスカッションは、「~”地産地消”の輪を地域にどう広めるか?~」がテーマとなっている。
 第2部の立食パーティは、18:30~20:15。小樽市内、後志管内のホテル・レストランや各種飲食店の料理人が、後志産の農水産品をふんだんに使い、約80品を用意する。後志の食材と料理人が織り成す確かな「味」を堪能することが出来る。後志の食材をゲット出来るお楽しみ抽選会もある。
 会費:5,000円。
 チケット購入・問合せは、
 トラットリアマルコポーロ(堺町5-30) 0134-27-8000 
 北海道中小企業同友会しりべし小樽支部(色内1) 0134-25-9191