ニシン漁の活気を唄う  北海浜節全国大会 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「春は春はソーランヤン衆の声も…」
 第8回北海浜節全国大会が、9月27日(日)10:00~17:00、市民センターマリンホール(色内2)で開かれた。
 ニシン漁で栄えた小樽と活気溢れる漁師たちの姿を唄った北海道の民謡「北海浜節」を競う大会。同実行委員会(小泉豊大会長)の主催。
    
 今年は、小樽をはじめ、札幌、千歳などから、幼少年の部(中学生以下)・一般の部(18才~65才まで) ・熟年の部(66才以上)に計153人が参加した。
 参加者は、一人ずつステージに上り、尺八や三味線に合わせて、力強く、ニシン漁で活気に満ち溢れた浜節を歌い上げた。独特の節回しが、会場いっぱいに広がると、客席を埋めた来場者たちは大きな拍手を送った。
 幼少年の部
 優勝・鈴木 愛奈さん(千歳・中2)、準優勝・相蘇織音さん(小樽・小5)、3位・土屋慎太朗さん(小樽・小5)。
 一般の部
 優勝・大野小百合さん(札幌)、準優勝・木内絵里さん(小樽)、3位・石橋涛栄さん(登別)。
 熟年の部
 優勝・小ヶ口一雄さん(札幌)、準優勝・野原幹男さん(札幌)、元木喜代恵さん(札幌)。