都通りゲオ小樽店跡 「利用は検討中」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


geoheiten.jpg 小樽都通り商店街のアーケード内で営業していたゲーム・CD・DVD販売レンタルのゲオ小樽店跡は、しばらく空き店舗のままになることが分かった。
 同店は、10月2日(金)に営業を終了し、翌日の3日(土)から住吉町の臨港線沿いユニクロ隣接地に移転オープンした。関連記事
 関係者は、「10月10日頃までには、その後の利用方法を決めたい」としていたが、跡利用はまだ決まっていない。現在、店のシャッターが閉まったまま、在庫整理が行われている状態となっている。
 店舗開発部は、「跡利用はまだ決まっていない。弊社の違う媒体の店舗がテナントで入るのかなど、色々な案を検討している」と話している。
 同店の移転と決まらぬ跡利用で、シャッターが閉じられたままになることで、近くの商店主は、「ゲオに来る若者も多かったので、ますます人の行き来が減る」とガックリと肩を落としていた。