「いい歯の日」に無料検診・フッ素塗布 歯科医師会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


DSC005822.jpg 11月8日(日)は「いい歯の日」。市歯科医師会(笠間茂会長)は、市民センター・マリンホール(色内2)で、10:00~14:00、無料の歯科ドック・検診、フッ素塗布、ブラッシング指導などを行った。
 毎年恒例となっている「いい歯の日」のイベント。今年は、約160人の幼児や高齢者が会場に集まり、無料検診やフッ素塗布などを受けた。
 ロビーでは、親に抱きかかえられた幼児が多く、歯科医師を目の前にすると泣いて、口を開かない子の姿も。医師たちは、「怖くないよ」、「ちょっとお口の中を見るだけだからね」と優しい言葉をかけて、歯の検診やフッ素塗布を行った。
 今年は、歯科衛生士専門学校の2年生による寸劇がイベントホールで行われた。歯科衛生士の制服を着た学生たちは、幼児の好きなアンパンマンとバイキンマンを使って、上手な歯磨きの仕方を丁寧に教えた。
DSC005972.jpg
 「お茶とオレンジジュースのどちらが虫歯になると思いますか。チョコレートとリンゴはどちらでしょうか」とクイズも交えて子供の興味を誘った。最後に「甘いものを食べてもきちんと歯磨きをすると虫歯にならないよ。甘いものを食べたあとに歯磨きをすると、お姉さんたちと約束出来るかな」と呼びかけた。
 小学生の歯と口の健康に関する図画・ポスターコンクールの表彰式も行われた。

 「いい歯の日」