小樽ファンのまちづくり資金基金 185人が886万円寄付

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市建設部まちづくり推進課は、11月25日(水)、平成21年度の「小樽ファンが支える ふるさとまちづくり資金基金」への寄付者数が、昨年度1年間の実績185人に到達し、寄付額は886万円に上ったと発表した。
 市は、「様々な皆さんの御参加による個性豊かなふるさとづくり」を目的に、2008(平成20)年4月に同基金を創設した。旧国鉄手宮線の保全や、登録歴史的建造物の保全事業など6つの事業について寄付を募る。寄付者は、使い道を選択・指定することが出来る。昨年度は1年間で185人から、3100万円の寄付が集まった。
 今年度は、1人の寄付額は昨年度よりも少額だが寄付者数が多く、11月24日(火)現在で、昨年度1年間の寄付者数185人に上った。寄付額は886万6,480円となっている。
 関連記事
 小樽ファンが支える ふるさとまちづくり 寄付の状況