新型インフルワクチン 小中生などに接種開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市新型インフルエンザ対策本部(山田勝麿本部長)は、新型インフルエンザワクチンの接種を、小学生と1歳未満児等の保護者に12月17日(木)から、中学生に来年1月8日(金)から開始すると、11月30日(月)に発表した。
 ワクチン接種は、かかりつけ医か保健所HPで公表している医療機関で受けることが出来る。予約が必要。小学生と1歳未満児等の保護者の予約開始は12月7日(月)、接種開始は12月17日(木)から。中学生の予約は12月21日(月)、接種は来年1月8日(金)から。
 小中学生の接種回数は2回。費用は、1回目3,600円、2回目2,550円。1回目と2回目を異なる医療機関で受ける場合は、2回目は3,660円となる。1歳未満児等の保護者(19歳以上の場合)は1回。費用は、3,600円。
 接種時には、母子健康手帳か各種健康保険者証などが必要。対象者のうち身体上の理由で予防接種出来ない人の保護者等の場合は、主治医が発行する優先接種対象者証明書及び保護者等の各種健康保険者証又は住民票を掲示する必要があるとしている。
 接種できる医療機関はこちら(PDF:62KB)
 関連記事