小樽の宮崎選手が5位入賞 全道少年ジャンプ大会  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 「世界へ TAKE OFF !!」。3月14日(日)、小樽市潮見台シャンツェで、「第38回 北海道新聞社杯 全道少年ジャンプ大会」が行われ、小樽ジャンプ少年団の宮崎海翔選手(天神小4年)が、小学4年生以下の部で、5位に入賞する結果となった。
 小樽スキー連盟の主催。小樽・札幌・余市・石狩などの小学1年生から中学生までの49選手が参加。小学生の部は35m級・中学生の部は55m級シャンツェに挑戦した。
zendosukijump.jpg 雪降る天候となったが、選手たちは、スタートの合図で、勢い良く滑り降り、市街を眼下に羽ばたいた。時折、降雪が強くなり、視界の様子を見ながらのスタートとなる選手も多かったが、自己記録更新を目指して、力強くジャンプした。
 小樽ジャンプ少年団からは、6選手が参加した。小学4年生以下の部に出場した宮崎海翔選手が健闘し、5位に入賞した。
 「選手たちは健闘したが、まだまだ頑張れる。20日から23日まで4連戦あるので、選手たちの活躍に期待している」(OB有志・石川稔さん)と期待を寄せていた。
 小学4年生以下の部1位:岩佐勇研選手(札幌藤野小4年)
 小学5 ・ 6年生の部1位:尾形優也選手(札幌大倉山小6年)
 中 学 生 の 部 1位:佐藤幸椰選手(花川北中2年)
 関連記事