手稲で小樽を売り込め!23日(金)から物産・観光フェア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イオンスーパーセンター手稲山口店(札幌手稲区)で、4月23日(金)から25日(日)まで、「小樽の物産と観光フェア」第1弾が開かれる。
 小樽市と札幌市との経済交流を目的に、2008(平成20)年から年1回開催されている。初年度は2日間の開催だったが、2年目の昨年から3日間となった。
 「普段はお店に置いていない商品、隣町の商品で目新しい」などと、手稲区民から好評だ。イオンさっぽろ発寒ショッピングセンターでの小樽物産フェア開催にもつながった。
 今年は、あまとうのマロンコロン・アイスクリーム、桑田屋のぱんじゅう、利尻屋みのやの湯どうふ昆布、田中酒造の地酒、仁木ファームのシフォンケーキなど、小樽・後志の6社の特産品を販売する。
 これまで、雪あかりの路のフォトコンテスト入選作品展覧会も同時に行っていたが、今回は、小樽市総合博物館とおたる水族館のパネル展を開く。小樽観光パンフレットの配布も行う。2日目の24日(土)11:00からは、先着200名に粗品の配布も予定している。
 「小樽の物産と観光フェア」第1弾は、4月23日(金)から25日(日)09:00~20:00(最終日18:00)まで。
 小樽物産協会では、「3年目になったので、お客さんにも定着しているものと思っている」と、売上高300万円を目標としている。昨年は250万円。
 「小樽の物産と観光フェア」第1弾、手稲区で開催!!