外国人観光客をおもてなし 通訳2名募集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽観光協会は、中国語と英語を話せる通訳職員を1名ずつ募集している。
 小樽市への外国人観光客の宿泊数は年間4万人を超えているが、外国語対応出来る職員が少なく、海外の旅行会社などから多言語化の推進が要望されてきた。
 このため、小樽市は、中国語と英語を話せる通訳職員を1名ずつ観光案内所に配置させる「外国人観光客おもてなし推進事業」を観光協会に委託。予算は、国の雇用創出事業630万円。
 雇用条件は、中国語または英語での日常会話及び翻訳が出来ること。学歴・資格・年齢は特に制限なし。中国語・英語両方出来る人、経験者を優先する。
 仕事は、観光案内所での中国語または英語による外国人への観光案内、観光案内所に付随する一般業務、観光パンフレット・HPの翻訳。案内所職員や協会会員店販売員に対する会話教室の開催など。
 期間は、5月15日から来年3月31日までの予定。契約期間終了後は、契約更新することもある。
 給与は、月175,000円。通勤手当実費支給。賞与なし、社会保険あり。週休2日制(交代制)。定休日1月1日。就業時間9:00~18:00。休憩1時間。
 応募は、ハローワークで、紹介状の交付を受け、観光協会へ。5月6日(木)締め切り。5月7日(金)に面接。
 小樽観光協会HP