商大生が賑わい作り 「第6回小樽さくら祭り」で初コラボ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽の中心商店街が一つになって開催する「第6回小樽さくら祭り」(5/28~30)で、商店主と小樽商科大学(緑3)の学生たちがコラボし、様々なイベントを企画、小樽の春の祭りを盛り上げる。
 同祭りは、花園銀座商店街の夜の活性化を目的に、「花園さくら祭り」として8年前にスタート。2年後には、「商店街の繁盛」をかかげ、花銀だけでなく、都通りやサンモール一番街など中心商店街が一つになって、「小樽さくら祭り」と規模を拡大。
 財政難の市が休止した「小樽つつじ祭り」で行われていたブラスバンドパレードやミスおたるお披露目などのイベントを引き継ぐとともに、千人チラシや喰いだおれ大会などの人気イベントを実施してきた。
 今年は、YOSAKOIサークル「翔楽舞」とコラボし、若者の発想を取り入れたイベントを行う。これは、2月の雪あかりの路で、小樽市と商大の包括連携協定の一環で、都通り・サンモール・花園銀座の3商店街と学生たちがコラボイベントを実施し好評を博したことがきっかけとなった。関連記事
 目玉は、「祭りだョ!全員集合!おたる運動会」。都通り・サンモール・花銀の3商店街でチームを作り、3商店街の約300mを使って、ラジオ体操や玉入れ、いろいろリレー、綱引き、寿司アンルーレットを行う。1チーム最高で80人参加可能。優勝チームには、オーセントホテルのディナー付ペア宿泊券、小樽の地酒、小樽ビール食事券、商品券などの景品を用意している。現在、参加者を募集している。登録はこちら otarusakuramaturi@gmail.com。登録が面倒なひとは、当日14:00までにサンモールへ。
 このほか、小樽商大応援団VS小樽商大チアリーディング、詩吟VSアカペラ、高島越後踊りVSYOSAKOIと、小樽の伝統文化と新文化のコラボ企画。 10,000円から1,000円分の商品券が当たるウルトラスタンプラリー。YOSAKOIパレードなど、イベントが盛りだくさん。
 中心街の寿司・ラーメン(焼肉)・スイーツ店の3軒を巡る「喰いだおれ大会」のチケットは、すでに販売を開始しており、残り50枚となっている。チケットは2,500円。澤の露本舗、新映堂、ミレットなどで販売している。問合せ:0134-29-0011 さくら祭り実行委員会(政寿司内)
 商店街と学生のコラボイベントで、衰退する小樽の街に賑わいを作り出す。
sakurafes.jpg