北照×双葉で決勝戦 春の高校野球

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「第49回春季北海道高等学校野球大会小樽支部予選」5日目の15日(土)、市営桜ヶ丘球場(花園5)で、北照×小樽工業、蘭越×双葉の準決勝2試合が行われた。
 北照×小樽工業は、北照が、5回までに7点取った。小樽工業は、各回に地道に点数を重ね、6回までに5点取り、その差を2点に縮めた。7回にはホームランが出るなど一挙に3点追加し、春の甲子園に出場した北照を相手にリードを奪った。しかし、8回裏、強豪・北照は意地を見せ、3点取り返しまたリードした。小樽工業はあと一歩及ばなかった。10-8で北照がなんとか勝利した。
 蘭越×双葉は、両校一歩も譲らずの接戦を繰り広げ、勝敗は延長戦に持ち込んだ。双葉は、4-4で迎えた10回表、蘭越打線をゼロ点に抑えた。その裏、樋口雄太・一塁手・(2年)が、一振りで試合を決めた。5-4で双葉が決勝に進んだ。
 16日(日)最終日の決勝は、北照×双葉に決まった。試合は、12:00から。
 トーナメント表